逸木裕のWebSite

過去ログ

2023/07/27 23:51

日曜日に小川哲さんとのトークイベントがあった。現代のエンタテイメント作家みんなそうかもしれないが、小川さんは尊敬している作家で、最初に対談が決まったときはびびっていたのだが、大変優しいかたで不慣れな僕をリードしてくれて当日は楽しく話すことができた。個人的には『君のクイズ』のミステリとしてのあまりにもスマートな構成に感動したことがあり、どこからこんな話を思いついたのかを伺うことができて貴重な体験であった。

面白かったのが「SFミステリ」を巡る話で、小川さんは「SFミステリ」と「特殊設定ミステリ(SFの設定を使ったミステリ)」を区別して考えてらっしゃるようだった。要するにミステリとしての謎が、そのままSF的な問いになっているのが本物の「SFミステリ」で、多くのSFミステリと言われているものは、単に変速的なルールを持ち込んだだけの謎解き小説であると。前者の実例としてロバート・J・ソウヤーの『ゴールデン・フリース』と『ターミナル・エクスペリメント』を推薦していただいたので、早速購入した。どちらも面白そう。

2023/07/27 23:43

久しぶりの日記。この間に『世界の終わりのためのミステリ』が出版され、長編の原稿と短編の原稿をひとつずつ書いた。今年は年末に向けてもう一本長編と短編を書く予定。

長編に関してはもっとじっくりと書きたい思いが強くなっており、少し刊行ペースが開くかもしれない。年二冊を目標に刊行してきたのだが、もう少しひとつの密度を上げていきたい思いがある。あるいは密度の濃いものの合間に、さらっと読めてかつ面白い作品を逐次投入していくか。まあ色々やっていくしかない。

最近はドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を久々に読んでいる。上巻のラスト、「神の沈黙」をめぐるイワンとアリョーシャの問答が圧巻で、あまり好きな映画ではないのだが『ダークナイト』のジョーカーを思い出した。「神の沈黙」は現代エンタメでもしばしば取り上げられるモチーフで、世界はこんなにもクソなのになぜ神は沈黙しているのかという件である。この問いに対して「そんなら神様を作りゃええやん」という結末に言ってしまうノーランの万能感はいろいろ危ういものがあり、『オッペンハイマー』は大丈夫かいなと要らない心配をしてしまった。

過去ログ

2023/07 2023/02 2022/12 2022/11 2022/10 2022/09 2022/07 2022/06 2022/05 2022/04 2022/03 2022/01 2021/08 2021/04 2021/03 2021/01 2020/09 2020/08 2020/07 2020/06 2020/05 2020/04 2020/03 2020/02 2020/01 2019/12

PAGE TOP